次々と通信講座
ホーム > > 多汗症は男性に多い症状です

多汗症は男性に多い症状です

BMI(体重指数を求める計算式はどの国でも同じですが、BMI値の評価は国家ごとに少しずつ異なり、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI22であれば標準体重とし、25以上は肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と定義しているのです。
パソコン画面の青っぽい光を低減させる専用眼鏡が今人気を博しているのは、疲れ目の予防策に多くの人々が四苦八苦しているからでしょう。

アミノ酸の一つグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を不十分にしたり変異を招く人体に対する有害物質を体の中で無毒化し、肝臓のパワーをより良くする力が判明しています。

汗疱(汗疱状湿疹)は主に手のひらや足裏、または指と指の隙間などに細かい水疱が出る病気で、広くはあせもと呼ばれており、足の裏に出ると水虫と間違われることが多くあります。

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、体内における脂肪の占めている比率で、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重(weight、kg )×100」というシンプルな計算式で表すことができます。


春と秋に患者が増える花粉症とは、山のスギやヒノキ、マツ、ヨモギなどの大量の花粉が素因となって、クシャミ・頭重感・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの色々なアレルギー症状を齎す病気であることは言うまでもありません。
ストレスがかかり、溜まるというシステムや、便利で効果的なストレス対処策など、ストレスの細かい知識を勉強している人は、まだ少ないようです。

悪性腫瘍である卵巣ガンは、本来、ヒトの身体をガンにさせない役目をする物質を分泌するための型ともいえる遺伝子の異常で発症してしまう病気だということです。

ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、両手両足がマヒしたり下肢の著しい浮腫などが象徴的で、症状が進んでしまうと、深刻な場合、呼吸困難に至る心不全などを発症する可能性があるようです。

いんきんたむしは若い男の人に多く確認されており、ほとんどの場合は股間の周辺だけに拡大し、軽く運動したり、お風呂上りなど体が温まった時に強烈な痒みが訪れます。


セロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みのブロック、覚醒現象などを支配しており、うつ病(単極性気分障害)の方は動きが減少していることが判明している。
肥満(obesity)の状態というのは大前提として食生活の質や運動不足などが要因ですが、ボリュームの変わらないごはんだったとしても、急いで食べ終わる早食いを日常化することにより脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招く結果になります。

チェルノブイリ原子力発電所事故のその後の追跡調査の結果からは、大人よりも体の小さな子どものほうが飛んできた放射能の有害な影響をよく受けることが理解できます。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンにかわって、2012年9月1日から原則無料で接種することができる定期接種として導入されるため、集団接種ではなく小児科などで接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種という扱いになりました。


男性だけにある前立腺はその成長や働きにアンドロゲン(雄性ホルモン)が密に関係し、前立腺の癌も同じように、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの働きを受けて大きく成長してしまいます。そして、男性に多いのが汗っかきです。これは多汗症という名前がついています。↓
久保田式多汗症ってどうよ